So-net無料ブログ作成
検索選択

Cyclocross Tokyo 2017 [自転車]

スポンサーパレードの直前、男子女子エリートの有力選手が勢揃い。
DSC_2007.JPG

サミエル・ルーネルズ(squid pro team)
DSC_2228.JPG

ルーシー・シェネル(CROSS TEAM by G4)
DSC_2343.JPG
DSC_2268.JPG

エミリー・カチョレック(Squid Bikes)
DSC_2379.JPG

DSC_2388.JPG

男子エリートのスタート!
DSC_2579.JPG

圧倒的な走りを見せた、スティーブ・シェネル(Cross Team by G4)
DSC_2593.JPG

竹之内悠(東洋フレーム)、アブ!アブ!アブ!!
DSC_2723.JPG
DSC_2724.JPG
DSC_2725.JPG

とにかく格好良かったのはこの人、アンソニー・クラーク(Squid Bikes)
DSC_2863.JPG
DSC_3049.JPG
DSC_3054.JPG

二位以下に数十秒差を付けて最終ラップに入るスティーブ・シェネル、このまま見事優勝を勝ち取りました。
DSC_3127.JPG


サイクルウェア(夏用)を買ったよ。 [自転車]

Lixada サイクルジャージ(夏用)上下セット(*写真は上着だけ。レーパンってどう畳んでも綺麗に見えないんだよなぁ。)
Lixada_01.JPG
デーハーなウェアなんて着ないし、ピッチピチのレーパンなんて絶対にはかないわ、無理無理(笑)って言っていたんですけどね。やっぱり専用品を使ったら走りやすいのかな・・・と思って購入してしまいました。良さげだったら夏用(春夏秋)をもう一着と冬用(晩秋から早春)も考えます。なんだかんだ言ってどっぷりはまりつつありますな(笑


冬は自転車に乗れないのでネットでお買い物をするのだ。 [自転車]

と言うわけで買ったのは以下のもの。

1. CYCLE PRO(サイクルプロ) ウォーターボトル 700ml CP-WB1580 ×2
ボトルケージも黒いのを二つ買って取り付け済みなので、今夏からダブルボトル体制ですよ。寒い時はダウンチューブ側にボトルでシートチューブ側にツールケースかな、面倒だからBBの前に三つ目のボトルケージ取り付けを画策中。

2. ABUS(アブス) 1500/60 RED
チェーン形式でコンパクトに纏まるのが欲しかったので定番のABUSに決定、これはジーンズのポケットにも入りそうだわ。買ってから気付いたけど、この鍵は解錠した状態でキーが抜けるんですね。今まで施錠するときは「1.鍵を取り出す、2.キーを挿して解錠、3.鍵を取り付ける、4.キーを抜く」と4つの動作が必要だったんですが、これなら「1.鍵を取り出す、2.鍵を取り付ける」と2つの動作で完了。これは便利ですね、かなり使い勝手が向上しそうです。

昨夜Amazonで注文したら今日の夕方に届きました、こんなに早く届いたのは始めてだわ(驚。
20170113_Amazon (1).JPG

こちらは今まで使っていたワイヤーロックWL-AD.B、とりあえずは予備部品ボックス行きですが・・・使わないんだろうなぁ。
20170113_Amazon (4).JPG

ESCAPE R3 ドロハン化 [自転車]

ESCAPE R3を購入してから数ヶ月、ESCAPE R3:カスタマイズ(検討編)を経て、先日念願のドロハン化を完了しました(^_^)b
DSC_9297.JPG
ベースはGIANT ESCAPE R3 2016 Blacktone 430(XS)。

DSC_9310.JPG
ドロハンはLixada製で標準ステムに付けられる25.4mm径、幅は安定性を重視して広めの420mm。一番の選択理由は非常に安価だった事ですけどね。安物で満足出来ればそれで良し、不満なら躊躇なく交換できるし。

DSC_9300.JPG
ブレーキレバーはGevenalle CXV V/フロントW仕様、シフターはDIA COMPE Wシフトレバー(パワーラチェットNon-Indexタイプ)。

DSC_9299.JPG
斜め前から見るとこんな感じ。トップチューブの傾きが大きいのでこの角度から見たほうがスマートですな。


初パンクでございます。 [自転車]

始業前に時間があったのでサドル位置を調整していて、何気なく後ろのタイヤに触ったら「ヘニャッ」っとした感触が・・・。あれれ、さっき颯爽と乗って来たはずなのにパンク?

panc (1).JPG
昼休みに調べてみたらしっかり穴が空いていました。休み時間を使って予備のチューブと交換、まだ1500kmしか走ってないのになぁ。

panc (2).JPG
帰宅してから修理キットで穴をふさいで、こちらを予備のチューブとして持ち歩く事にします。・・・そのうちホイール替えて23C化する予定なので新しいチューブは買いたくないのよね。

初めての100kmライド@荒川サイクリングロード [自転車]

自分もそこそこ走れるようになった気がするので先日100km越えのロングライドに行って来ました。ESCAPE R3が納車された週末は岩淵水門までの往復40km、翌日は朝霞水門まで60km、10月には陸上自衛隊広報センターに中央観閲式を見に行って78kmと順調に距離を伸ばしていたので、そろそろやって見ようかなと。12月にしては気温も高くて絶好のサイクリング日和の日曜日、荒川サイクリングロードを北上して目指すは榎本牧場です。

IMGP2852.JPG
朝の7時、少々肌寒い空気の中いつもの葛西橋から出発。

IMGP2854.JPG
目的地まで50km以上あるので足に負担をかけないように軽いギヤでクルクルと回して彩湖に到着。ちょうど2時間走ったので少し休憩。

IMGP2856.JPG
有名な緑のトンネルを抜けていきます、気持ち良い~。

IMGP2859.JPG
最後にちょっと迷いましたが何とか目的地の榎本牧場に到着!のんびり走って2時間58分、走行距離はここまで58km。何とか3時間を切ることが出来ました。帰りは余裕をもって4時間と考えておこう。

IMGP2860.JPG
榎本牧場に来たらフォルトゥーナのジェラートを食べなければ。改装したらしく外観も店内もとても綺麗です。

IMGP2865.JPG
色んな種類がありますが、まずは定番のミルク味をチョイス。ふー、長時間走った後に冷たくて甘いモノはたまらん!

IMGP2871.jpg
11時ちょっと過ぎたので、もう一つの目的地である食事どころ高半へ。榎本牧場から10分もかからずに辿り着けます。

IMGP2870.JPG
このお店は天丼と海鮮丼が人気メニュー、今回は海鮮丼(大)を注文。かなりの量でお腹一杯になって税込み1,000円とリーズナブル。いやー美味しかった、超お勧めです。次回は天丼を頼んで見よう。

IMGP2872.JPG
ジェラートと海鮮丼を堪能したので帰路につくことにします。往路は3時間かかったので休憩を挟みつつスローペースで4時間かけて帰宅。最後に走行距離を確認したら117kmでした。平均時速は16kmと初めての100kmライドはのんびりペースで無理なく終える事が出来ました。

ESCAPE R3:ドロップハンドル化の準備中 [自転車]

【Gevenalle CXV Vブレーキ対応モデル/フロントW(Grey / Black)】
_DSC_7324.JPG
これが今回のドロハン化の肝となるVブレーキ対応のブレーキレバー、こいつに取り付けるDIA COMPEのWレバーシフターも買ったのでもう後戻りは出来ません。これらのパーツだけで2万円超えるという・・・。ドロハンそのものは安物の中華製アルミを注文中、ステム交換する予算が無いので25.4mm径を探しました。

一ヶ月ぶりに羽田空港を再訪 [自転車]

DSC_7192.JPG
2016.11.20@羽田空港

大体の道は覚えていたので前回よりも全然楽だったわ。道がわからんってのは凄いストレスで疲れる原因だって良くわかりました。

江戸川CR:帝釈天に行って来たよ。 [自転車]

先月(10月24日)の事ですが、天気が良かったので始めて江戸川サイクリングロードに行って見ました。

TST_20161024 (1).JPG
葛西臨海公園を抜けて旧江戸川の河口からスタート。すぐに川幅も道幅も狭くなり、コンクリートの壁が延々と続くので息苦しい。

TST_20161024 (3).JPG
江戸川についてからは気持ちよく走って柴又駅に到着。

TST_20161024 (2).JPG
振り返ると寅さんの銅像。

TST_20161024 (4).JPG
こちらが帝釈天に続く参道です、思ったよりも短い。

TST_20161024 (5).JPG
有名な団子屋さんらしい。

TST_20161024 (6).JPG
せっかく来たのでみたらしと草だんごをいただく。作りたての団子は柔らくてとても美味しかった。いやー、自転車で走ってくると甘いものが嬉しいわ。

TST_20161024 (7).JPG
お参りをして・・・。

TST_20161024 (8).JPG
おみくじを引いてみたら「吉」。願い事は叶うわ、失せ物は出るわで良いことばかり書いてあって上機嫌で帰路につきました(笑

サドルを替えたよ [自転車]

DSC_7191.JPG
Winkeyes スポーツサドル(PU革 レッド)

安くて軽い、で適度にクッションも効いてます。元のサドルが幅が広すぎたのでお試しでスポーティなサドルに替えてみました。お安いけど乗り心地が良くて満足してます。

ESCAPE R3:カスタマイズ(検討編) [自転車]

荒川サイクリングロード、みはらし茶屋。サイクリングロードの真横なんで立ち寄るのに便利。
DSC_7065.JPG

さてここからESCAPE R3:カスタマイズの検討編です。ロードバイクとクロスバイクの違いもよく分からないままESCAPE R3を購入して一ヶ月、何度かサイクリングロードを走り50km程度は普通に走り回るようになった頃、フロントのギヤが3段あるのが無駄に思えてきたのでした。フロントのギヤ?そうです、この頃はチェーンリングとかクランクセットという単語さえ知りませんでした。コンポなんて聞いたこともない。あれから数ヶ月、自分なりに調べて今後のカスタム方針が決まったので悩んだ経緯を自分メモとして残しておこうと思います。最初の頃は事実誤認もあるかも知れないけど、そのまま書いていきます。ほどほど長いです。


その1.「フロントをダブルにしたい!」
現在のフロントは28-38-48Tだがインナーは使いどころが無い。何度か落としてみた事があるが足がスッカスカになってしまう。これは峠とか激坂を上る人が使うもんだろう。自分は峠なんて攻めないからインナーはいらないな。じゃ、フロントは2段に換えて見ようか。ESCAPE R3の部品はMTBだから交換するのはMTBのクランクから選ぶんだよな、あれ?MTBのクランクセットってフロントが3段ばっかりだ。それじゃロード用のクランクを使えば良いんじゃないかな、同程度か少し上にするとCLARISかSORAだな良くわからんが。レースに出るなら105グレード以上って聞いた事があるが、絶対にそんなレベルではないから一番下のCLARISか次のSORAで良いだろう。んー、BBって奴がCLARISとSORAだと違うな、どうやらSORA以上のグレードだとホローテックIIとかいうBBになるみたい。後々アップグレードするかも知れないしBBとかチェーンは高級品も値段は大して変わらないので上級グレードを使う人もいるって?よしBBはホローテックIIだな、つまりクランクセットはSORAの2×9に決定だ。となるとチェーンも9s用になるだろ、そうするとスプロケットも9s対応にしないと駄目か、つまりクランクセット、FD、チェーン、RD、スプロケット、シフターも変える必要があるな。うーん、買って数ヶ月でほとんど入れ替える事になるな。とても一度に出来る気がしない、とりあえず止めておくか


その2.「ドロップハンドルにして見ようかな」
最初からロードバイクを買わなかった理由に「ドロップハンドルって凄い前傾姿勢で操作が難しそうだよね。あんなの無理だよ」ってのがあったんだよね。それにロード乗るのは滅茶苦茶速いプロみたいな連中だろ?ハンドルは真っ直ぐな奴が乗りやすい!って事でフラットバーハンドルのESCAPE R3を買ったのでした。まー、フラットバーロードなんてモノがある事はもちろん知らなかったんですがね(笑。で、納車してしばらく乗っていると空気抵抗が気になるんだわ、大してスピード出てない癖にね。のんびり走っていても向かい風だともう辛くてたまらん。風を避けようとして、見よう見真似で背中を曲げてみるが腰が痛くなる。何とか自然に前傾姿勢で走る方法は無いかな。ハンドルが近すぎるんだな、んじゃードロップハンドルにして見るか。ドロハンだとやっぱりSTIになるよな、SORAだとコンポを総取替えになって大変だからな、3×8のままでCLARISで考えよう。必要なのはドロップハンドルとCLARISのSTIと交換するケーブルぐらいだろう、良くわからんが同じ8sなのでFDもRDもそのままで行けるだろうし。しかし問題発生、STIではクロスのVブレーキは引けない。STIはキャリパーブレーキかカンチブレーキにしか対応していないみたい。調べて見るとミニVブレーキに変えると新STIなら何とかなるとか、トラベルエージェントを使うとか方策はあるみたいだが、そこまでしてドロップハンドルにするのもなぁ・・・。ドロハン化は諦めよう。代わりにサドルをちょっとスリムな奴に変更しようっと(ちょっと脇道にそれる)


その3.「ブルホーン化なら何とかなりそうだ」
ドロハン化=STI化と言うことでブレーキ、シフターがネックになって諦めたんだけど、ちょうどそのころESCAPE AIRを105で10速化(今は11速なのね)して、その後ブルホーン化したというサイトを見つけたわけ。これがすごく詳細に解説してあって参考になる、でもって「よっしゃ、ドロハンは無理でもブルホーンならいけるじゃん!」と思ったわけ。ブルホーン化には大雑把に分けて「エアロ・ブレーキ+サムシフター(手元でWレバー化も含む)」と「バーエンドコントローラー+ブレーキレバー」の2種類の方法があってブルホーンハンドルの先っちょに付けるのが、ブレーキレバーなのかシフターなのかって違い。自分はエアロ・ブレーキ+サムシフター方式が気に入ったね、バーコンが先端に飛び出ているのは何か駄目、あそこはブレーキレバーでしょ。ついでに言うと手元でWレバー化する方式は変速時にブレーキから手を放す必要があるので却下。まぁ見た目はレトロな感じがして格好良いんだけどね。そうそうブルホーンでもVブレーキの問題はあるが、ミニVブレーキに換装してアジャスター使う事で解決するみたいだ。一番気に入ったのはドロハン化=STIだと8s=CLARIS、9s=SORAって感じで買い替えが必要になるけど、フリクション形式のシフターを使う事によって現状のコンポのままブルホーン化し、その後気になったパーツから変更出来ることだな。さてさて楽しみだ・・・。とりあえず気になったパーツを次から次へとAmazonの欲しい物リストに登録しておこう。


その4.「本当にブルホーン化したいのか悩みだす」
Amazonの欲しい物リストにブルホーン化に必要なパーツを登録し、購入資金をどうしようか?なんて考えていた頃、荒川サイクリングロードのみはらし茶屋に行って見ました。置いてあるロードを見ていると、やっぱりドロハンは格好良いなと思う。しかしネットで良く見かける「クロスなのにドロハンに替えてロードにしたつもり?ッぷwww」って意見が気になったりしてね。ジオメトリが違うとかフレームの剛性がとか・・・ね。別にロードにしたいわけでは無くてドロハンにして見たいだけなんだけどなぁ。・・・と悩んでいるとドロップハンドルにカスタマイズした小径車が目に止まって考えが変わる。そうだよクロスだろうが小径車だろうが自分のしたいようにカスタマイズして楽しめば良いんじゃん!ロード買ってからフラットバーにする人だっているんだしね。で、せっかっく情報収集したんだけどブルホーンそのものが魅力的に感じなくなってしまった。「バーエンドバー付けてるのと大差ないじゃないか」ってね。それに良く見ると格好良くないし(何じゃそれ!)、やっぱりブルホーン化は止めよう。逆にブルホーン化検討中に情報を得たサムシフターやバーエンドコントローラーを使えばSTI無しでドロハン化できるんじゃないのかな。


その5.「便利なブレーキを見つけてしまい、ドロハン化を再検討する」
ドロップハンドルのエンドにバーエンドコントローラーを付けて、肩部分に単体のブレーキレバーという構成を考えていたところ、ドロップハンドル用でVブレーキを引ける製品を発見、TEKTRO(テクトロ) RL520。Amazonの製品説明にもしっかりと「Vブレーキ対応ドロップハンドル用ブレーキレバー」と書いてある。レビューを読むと通常のVブレーキからminiVブレーキに替えて使うみたいだが、ESCAPE R3は最初からminiVブレーキなのでそのままでOKだ。おお、これはよいね。これとフリクション(ま、段数が決まれば後々はSIS切替の奴に交換したいが)式のシフターを組み合わせればドロハン化出来そうじゃん、さてシフターはどこに付けようか。ブレーキレバーの形と位置からハンドル部分に付けるのは少々無理があるな、散々手元での変速は嫌だと言ってきたが前言を撤回するぞ、Wレバー式のシフターを台座をつかってコラムに固定して変速操作するようにしよう。昔の自転車はこんな感じ変速していたみたいだし、コラム台座とシフターの組み合わせでどんな製品が適合するのか調べていこうか。


その6.「レトロシフトだと・・・!」
シフターは何にしようかとサムシフターとかフリクションとかで検索していると、なんか変わったブレーキレバーの画像が見つかったんだよね。なんだこれ?ブレーキレバーの先にWレバーのシフターが付いているみたいな。ふむ、レトロシフトっていうのか。おお、なんだこれは!ブレーキレバーの先にシフターが付いているからSTIみたいにブレーキとシフトが一体化して操作出来るじゃないか!凄えぇぇぇえ!!、これだ、これしかない!調べて見るとRetroshift(レトロシフト)からGEVENALLE(ギブネール)にブランド名が変わったようだ。なるほどTEKTROのブレーキレバーを加工してシフターの台座を取り付けているのか、外国の小さな会社で作っているみたいだね。少々値が張る気もするが別途フリクションのシフターを取り付ければ変速段数が変わっても対応出来るので長い目で見ればお得かも知れないな。製品自体は2011年頃からあってシクロクロス界隈では結構有名らしいし、クロスバイクのドロハン化で使っている人も多くて検索すると意外と作例が出てくるので心配は無さそうだ。TKCプロダクションってところで取り扱っているのか、しかし今一つ注文方法がわからんぞ、製品ページ「 Gevenalle CXV Vブレーキ対応モデル/フロントW 」から問い合わせフォームで注文すれば良いのかね、Amazonにあればクリック一発で楽チンなんだがな。メールで問い合わせたらさっきのページから注文して下さいと返事が来た。もう一度ページを良く見ると商品説明の下に「Add to cart」ボタンを発見。ここまで来たので勢いででポチってしまう。ふー、注文してしまった。しかし、ここ数ヶ月ほど悩んでいたESCAPE R3のカスタマイズの方向がこれで決定だ、後はゆっくりと部品を調達して行くだけだな。

RETROSHIFT Model tw0 Basic demo.


ESCAPE R3:走行距離が1000kmを超えました。 [自転車]

7月下旬に納車してから3ヶ月、走った距離が1000kmを超えました。荒川CRまで数分、江戸川CRも葛西臨海公園経由で楽々とアクセス出来るので非常に恵まれた環境にいるからかな。こんなに走りやすいところに住んでいたとは、自転車買うまで全然知りませんでした。
DSC_7068.JPG

最初は東京ゲートブリッジに飛行機撮りに行くつもりで買ったんだけど、もはや近すぎて意味が無い距離になってしまった。

陸上自衛隊広報センターまで自転車で行って見た。 [自転車]

2016.10.23:埼玉県朝霞市、陸上自衛隊広報センターにて。
DSC_7062.JPG

意外と近かった、というのが正直な感想です。葛西から荒川サイクリングロードを北上し、岩淵水門、続いて首都高速5号池袋線を越えたらサイクリングロードを離れて左側に出ます。ここからは街中ですが首都外環自動車道と並走する国道298をそのまま南下するだけなので道に迷う事はありません。南下を続けて国道254にぶつかったら右の朝霞方向へ走ると数分で陸上自衛隊広報センターに到着です。ここは以前に電車で訪れた事があり、まさか自転車で再訪する事となるとは思いもよりませんでした。この後、中央観閲式に飛んでくる航空機を撮ろうとグルグルと歩き回ったのですが良い場所が見つからず、最後はここに戻って来ました。

往復78km、走行時間4時間30分、平均速度17.3km/h・・・意外と遅いね。


ESCAPE R3:ドロハンそれともブルホーン? [自転車]

DSC_6063.JPG
エンドバーをフラットバーの内側に配置してバーテープを巻く、クロスバイクでは定番のカスタム。この形態は走行中に軽く手を置いて休めるので非常に気に入ってます。

さてフラットバーはアップライトな姿勢で楽々と乗れるのがメリットですが、ちょっと速度を上げたり向かい風になるととたんに辛くなります。そうですね大体20km/hぐらいまでは何とも無いんですが25km/hを超えたあたりから空気抵抗がががが。かといって無理やり背中を丸めても手が余るばかりでどうしようもない、自然に前傾姿勢をとるにはハンドル形状を変えるしか無いわけですな。で件名のごとく悩んでいる訳です。ここんところ暇があると「ESCAPE R3 ドロハン」とか「クロスバイク ブルホーン化」とか検索して情報収集しています。ドロハン+STIレバーでコンポもロード系に変えるか、ブルホーン+エアロブレーキ、無段階変速シフターで既存のコンポをそのまま使うか。どうせならドロハンってのも魅力なんですが大掛かり過ぎる気もするし。その前にスプロケットもクロスレシオに変えたい、フロントもコンパクトクランクでダブル化したいとか。それ以前に入力と出力の最適化でビンディングペダルの導入とホイール及びタイヤの交換をやるべきじゃないのか、と考えている最中に最終的にコンポはSORAとTiagraのどちらにしよう105まで奢る必要はないかなと思考が飛んだりして・・・何から手を付けたら良いのか悩んでしまいます。お陰で日々妄想が止まりません(^_^;

葛西から羽田までサイクリング [自転車]

羽田と言っても周辺の公園とかではなく、本当に羽田空港に行って来ました。望遠レンズは持って行かなかったので28-70F2.8で流し撮りの練習。
B-6506.JPG
サドルを新しくしたのが分かるかな。スポーティな見た目だけど柔らかくて座り心地が良いんですよ。本気で走るならもっと固いのが欲しいけどね。
インタミ前で自転車を撮ったんですが、写っているペットボトルカバーが気に入らないので写真を差し替えました。縞々の靴下みたいで格好悪いんだもの・・・。


ESCAPE R3:購入した物のリスト(初級編) [自転車]

==========================================================================
大掛かりなカスタマイズの前に購入したものを順次整理して行きます。最近のモノほど上に来ます。2016.10.12
==========================================================================

・バーテープ/BENEFIT HANDLEBAR TAPE レッド
DSC_6007.JPG

・ バーエンドバー/FOGLIA ブラック
DSC_6017.JPG

・リアフェンダー/OGK MF-019 ブラック(カラーテープ加工追加)
OGK_MF-019.JPG

・チェーンガード/シマノ FC‐M532 48T/BOLT
DSC_5719.JPG

・CO2インフレーター/TNI CO2 ボンベセット (バルブタイプ)
DSC_5565.JPG

・ポンプ延長チューブ/TRISPORTS お助けチューブ(米式→仏式バルブ)
DSC_5646.JPG

・携帯ポンプ/air bone スーパーミニポンプ レッド
DSC_5524.JPG

・パンク修理キット/パナレーサー パンク修理 イージーパッチキット RK-EASY
DSC_5638.JPG

・タイヤレバー/パナレーサー タイヤレバー 3本セット
DSC_5635.JPG

・タイヤチューブ/パナレーサー スーパーチューブ [W/O 700x28~32C] 仏式バルブ(34mm)
DSC_5514.JPG

・サイクルグローブ/HANDCREW (SS-27)ライトブラック
DSC_4952.JPG

・ライト/CATEYE HL-EL140
DSC_4823.JPG

・アルミバルブキャップ/Ruler アルミバルブキャップ 仏式バルブ用 レッド LY-NC-FRRD
AUX (5).JPG

・ヘルメット/OGKカブト スクードL2 マットテーラーネイビー
AUX (4).JPG

・サングラス/Cyxus クリップオンサングラス 偏光レンズ 鏡面 UV400
AUX (1).JPG

・リアライト/CATEYE TL-LD155-R OMNI-5
AUX (3).JPG

・サイコン/CATEYE CC-VL820- VELO9 有線式 ブラック
DSC_4691.JPG

・超小型ベル/CATEYE OH-2400 真鍮製ブラック
AUX (2).JPG

・ポンプ/パナレーサー 空気入れ 楽々ポンプ エアゲージ付
DSC_4946.JPG

・ボトルケージ/JBN アルミボトルケージ(500mmPet)
AUX (6).JPG

・ワイヤーロック/BRIDGESTONE アルロック WL-AD.B
20160731_kagi (2).JPG

2016.07.27
・本体/GIANT ESCAPE R3 2016 Blacktone 430(XS)
・純正サイドスタンド/GIANT ESCAPE R QR KICK STAND
20160731 (9).JPG

ESCAPE R3:バーエンドバーを付けました。 [自転車]

DSC_6157.JPG
早起きして取り付けて、京浜島つばさ公園まで試走して来ました。飛行機も見れるし一石二鳥ですな。

取り付け自体は非常に簡単だったのですがシフターを動かしたせいで変速が出来なくなり調整が大変でした。しかも出かけてから気づいたんですよ、前方のシフトレバーがバーに干渉して引けない事に。仕方が無いので道端でお店開いて直しました。最終的にはコンポの交換までやるつもりなので、この程度の細かいトラブルはスパっと解決できないといかんですな。

ESCAPE R3:シッポを付けたよ(^_^)b [自転車]

雨上がりに自転車に乗ると砂や泥が飛んで来てバックや背中が汚れたり、サドルクランプに細かい砂が詰まってしまいます。その後のメンテナンスが大変なのでリアフェンダーを取り付けました。本当は余計なものは一切付けたくなかったんですけどね(^_^;
_shippo.JPG
リアフェンダー/OGK MF-019 ブラック

この製品は普段は外しておいて雨が降ったら取り付けて使うのがコンセプトなんですが、今回はタイラップでシートシャフトに固定しちゃいました。出かける時に降っていたら自転車には乗らないし、出先で降られた時に備えて携行するには長すぎますしね。現物のままだと取り付け部が長くてリアライトを隠してしまうので基部を1/3の長さにカット、付けっぱなしにするのに全体がマットブラックなのも面白みが無いので余っていたカラーシートで黄色のアクセントを追加、自分で言うのも何ですが綺麗に出来たと思ってます。実はくまモンステッカーを貼りたかったんだけど持っていなかったので仕方がない(笑。まぁ、何か素敵なステッカーを見つけたらワンポイントで貼って見るかな。

京浜島つばさ公園に再チャレンジとサドル位置の修正。 [自転車]

DSC_5816.JPG

9月25日に京浜島つばさ公園までサイクリングに行って来ました、自転車で訪れるのはこれで2回目となります。前回までの反省を踏まえて新しいコースを開拓したおかげで24Km弱の行程を1時間20分で到着することが出来ました。葛西から勝鬨橋を渡るまで街中を走ったにしては平均時速18kmとなかなかのハイペース。信号でのストップ&ゴーを繰り返した割りには悪くない結果となりました。

話は変わって、本日やっとサドルの適正位置が決まりました。つばさ公園まで走っている時に背中が痛くなって来たので気になっていたんですね。なんとなく合わせていた気でいたんですが、昼休みにネットで調べたら計算値よりも1.5cmほど低い位置になっていました。まぁ少し低めの方が乗りやすいかなと思い高さはそのままにして、やや上向きだったサドルを2度ほど前方に傾けました。以前乗っていたママチャリも同じぐらい傾けて調子が良かったので同様のセッティングにしてみようと。結果ですが見事に失敗でした(笑)サドルが傾きすぎていてお尻が前方にずり落ちてきます。それにペダルを回すと足が余って仕方が無い、非常に気持ち悪いです。帰宅して着替える間もなく六角レンチでサドルを平行にしてから僅かに前方傾斜へ、今までは感覚で踵がギリギリの高さを探っていたサドル位置も計算値どおりの高さへ修正。

ほんの少しの調整ですが、比べ物にならないぐらい乗りやすくなりました。調整後に近所の公園を一周して見たんですが全然違いますね、たかだか数cmの差でこんなに変わるとは・・・。ポジショニングが大事だと言う事が良く分かりました。

ESCAPE R3:チェーンガード交換 [自転車]

シマノ・チェーンガード FC‐M532 48T/BOLT
DSC_5808.JPG

なんで交換したの?って理由はここから。
DSC_5706.JPGDSC_5707.JPG
交換前のチェーンガード、透明なプラスチック製です。右がはずしたところで、良く見ないと分かりませんがネジ止め部分が割れてしまっています。特に走りに影響するような部分では無いので、破損しても取り外してそのままって人も多いみたい。私は通勤に使っているのでズボンが巻き込まれたり汚れたりしたら困るので交換することにしました。・・・壊れたままってのも何だか気分が悪いしね。

さてどんなデザインの奴を買おうかなと調べてみて初めて気が付きました。取り付け穴の数が2種類あるんですね。チェーンガードで検索すると5つ穴と4つ穴の製品が出てきます。どちらを選ぶのか一瞬迷ったんですが、実際にESCAPE R3に付いている部品を見て同じ4つ穴のモノを選択。サイズもいくつかあるのですがアウターの歯数に合わせて48Tと書いてある製品を選べば間違いないだろう・・・。なんか付属のボルトが使えないとか書いてあるが何とかなるなる!ポチっとな!

DSC_5704.JPGDSC_5712.JPG
いつものごとくAmazonで購入して数日後に届きました。シマノ製のチェーンガードFC‐M532 48T/BOLTです。新旧並べてみるとこんな感じ。大きさもぴったり同じだし、取り付け穴の位置も問題無いみたい。

DSC_5785.JPGDSC_5786.JPG
しかし良く見てみると付属のボルトが使えないとユーザーレビューに書いてある意味がわかりました。
もともとESCAPE R3に付いていたチェーンガードはアウターリングの裏側(?)から皿ネジで直接チェーンガードにねじ込んで固定していました。しかし購入した製品は表側から六角ボルトでアウターリングに取り付ける仕様なんです。アウターリング側にはネジが切ってないのでこのままでは付けられません。

DSC_5788.JPG
仕方が無いのでホームセンターで皿頭M4*15mmの小ネジを購入してきましたよ、160円ぐらいかな。他にも極低頭の六角ボルトや皿頭六角ボルトがあったんですが、ボルトとナットが別売りでかなり余りそうだったので小ネジにしました。

DSC_5789.JPG
実際の取り付けは写真を見たとおりです。もともと付いていたチェーンガードと同様にアウターリング側からネジを差し込んでボルトで固定してあげれば完成です。ちなみに真ん中のワッシャーは少しだけ径が大きくてチェーンガードの穴に入りませんでしたので結局はボルトだけ使っています。

やってしまえば簡単なのですが、ESCAPE R3でチェーンガードを交換した情報は余りネットで見かけなかったので纏めてみました。参考に・・・なるかな?

京浜島つばさ公園 [自転車]

2016.09.19台風が迫る中ESCAPE R3に乗って羽田を目指し出発、片道25kmで1時間40分かかりました。半分以上は街中の道をストップ&ゴーで走りにくかったですね。天王洲アイルの橋を渡ってしまうとスッカスカで走りやすくなるんですが、途中でまた枯れ枝が散乱する道になるのが辛い。

DSC_5669.JPG
雨の中、念願の京浜島つばさ公園に到着。まさに目の前が羽田空港、新旧の管制塔がこんな感じで見えます。

DSC_5677.JPG
A滑走路の降りを真正面から。天気が悪かったのでC滑走路の上がりは良く見えませんでした。

DSC_5679.JPG
なかなか見事な毛並みの野良猫もいたりして。この日は3匹ほど見かけました。2、3時間いた感じでは昼間はAの上がりは無く到着便ばかり。目の前を上がっていく国際便を期待したのですが空振りました。天気の良い日にまた訪れようと思います。

パンクに備えて携行しています。 [自転車]

数kmの通勤や近所のイオンでお買い物はともかく、週末のサイクリング中にパンクにしたら洒落になりません。本やネットで調べながら何を買うか検討し、自分なりの結論が出たのでAmazonでポチって一式そろえました。

2016年9月現在、写真に写っているチューブその他一式を携行してます。
DSC_5596.JPG
・air bone スーパーミニポンプ レッド
・TRISPORTS お助けチューブ(米式→仏式バルブ)
・パナレーサー スーパーチューブ [700 28-32C]
・パナレーサー タイヤレバー
・パナレーサー パンク修理 イージーパッチキット
・TNI CO2 インフレーター
・アーレンキー(5mm)
この1セットで2回のパンクまでは対応可能になります。1回目のパンクは替えチューブとCO2インフレータで対応し、万が一2回目のパンクが発生した場合は1回目に交換したチューブを修理パッチで直して使う算段。
この中ではメタリックレッドの携帯ポンプが一番のお気に入りですねー、一番面白みが無いのがタイヤレバー(笑)です。単体で写真とったら物凄く地味でした。

DSC_5615.JPG
ツールケースを買っていなかったのでTAMRON SP 90mm MACRO F2.8のレンズケースに入れてみた。綺麗に収まってクッションも効いているし普段遣いのスリングバックの底に横倒しでぴったり。しばらくこのままでいきますかね。


葛西臨海公園にて [自転車]

DSC_5622.JPG
天気が良い時は帰宅後に葛西臨海公園まで軽くサイクリングに出かけてます。往復で6km弱なのであっというまですけど、やっぱり走っていると気持ち良いですねぇ。通勤で毎日乗っているのとは感覚が全然違います(^_^)b

葛西から城南島海浜公園に行ってみたよ [自転車]

最初に目的地のネタバレを持って来たりして。APS-Cの28mmでこの迫力、絶好のB滑走路はRW/22アプローチ。ほぼ真上を飛んできます!
20160821 (84).JPG
Nikon D300 / TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical MACRO / 28mm - ISO200,1/8000,F3.0

では、出発時点からじっくりと。


安全装備も揃いました:ヘルメット、サングラス、グローブ [自転車]

DSC_4811.JPG

OGK KABUTO SCUDO-L2 マットテーラーネイビー
H2.jpg
キノコにならない大人しい色合いとデザインのヘルメット。先日坂道で思い切りこけてしまいヘルメットを被っていて良かったと思いました。後ろのダイヤルを回すことで被ってから頭にフィットさせる事が出来ます。

Cyxus クリップオンサングラス 偏光レンズ 鏡面 UV400
S2.jpg
ギラギラ太陽には役立つけど、意外と歩行者が見えにくくなります。真横の視界も悪くなるし・・・。でもサングラスかけていると道行く人と目があっても恥ずかしく無いのでやっぱり使っています。

HANDCREW サイクルグローブ ハーフ・GEL入り(SS-27) ライトブラック
DSC_4809.JPG
今回一番のお勧めがコレ!使って見て驚きました、ほんの少しGELが入っているだけですが全然手が疲れません。長時間ライドするなら必須の装備だと思います、見た目も格好良いしね。

荒川サイクリングロード(葛西橋から朝霞水門) [自転車]

クロスバイクを買って初めての週末。初日は20kmほど上流の岩淵水門まで走ったので2日目は更に上流の朝霞水門まで行って見ました。

いつもの河口近くは葛西橋から出発。
nekonekocycle (1).JPG

うっすらと朝焼け。涼しいです。
nekonekocycle (2).JPG

20km地点となる岩淵水門。
nekonekocycle (3).JPG

さらに北上して・・・。
nekonekocycle (9).JPG

到着しました、朝霞水門です。
nekonekocycle (7).jpg

水門の番人の猫様にご挨拶を。
nekonekocycle (5).JPG

最後はアイスで栄養補給して帰路に着きました。
nekonekocycle (11).JPG

走るのに精一杯でタイミング良く写真を撮る事は出来ませんでした。いちいち止まってたら気持ちよく走れないしね・・・。

サイクルパーツ(4):フロントライト・リアライト [自転車]

CATEYE HL-EL140
DSC_4823.JPG
単三電池2本使いのスタンダードタイプ、JIS規格適合品です。前照灯としては点滅モードでは無く常時点灯させなくてはいけません。その場合は電池の持ちは30時間ほど。まー、エネループはいっぱいあるので電池切れの心配はしなくて良いかな。

CATEYE TL-LD155-R OMNI-5
DSC_4815.JPG
こちらも電源は乾電池仕様のものを選びました。単四電池2本駆動でフラッシュモードなら130時間のロングライフ。

サイコン、ベル、ライトを二つと気が付けばCATEYE製品を4つも買っていました。ベル以外は定番の製品なのでとりあえず揃えるとこうなってしまうのかも。

サイクルパーツ(3):超小型ベル [自転車]

ちっこくて黒いのがなかなか見つからなくてね、苦労したよ。

CATEYE OH-2400 真鍮製ブラック
DSC_4614.JPG

実はサイコンよりも先につけたんだわ。でもってサイコン付けたらなんだかごちゃごちゃしたんで、今はステムの真下に移動したっす。
DSC_4622.JPG

サイクルパーツ(2):サイクルコンピュータ [自転車]

定番中の定番の製品を選びました。無線式にも心が惹かれましたが最初の一台は無難に有線式かな。

CATEYE CC-VL820- VELO9
DSC_4691.JPG
速度が上部に表示され、下部に少し小さく補助表示(時刻、走行距離、平均速度、最高速度、消費カロリー、削減CO2量、累計走行距離)がmodeボタン押下で切り替わります。いくつかは不要なので表示をオミットできたら嬉しいけど、そこまで求めるようなモノでも無いか。