So-net無料ブログ作成
検索選択

2017.06.12 荒川CRの榎本牧場&高半 [自転車]

月曜日の朝、8:00ちょっと前にいつもの荒川河口付近から出発。アダプタを付けてサイコンの位置を変えたり、バーテープを新しくしたり・・・ちょっと弄った後は調子を見るために遠出したくなります。

赤黒迷彩から落ち着いたブラウン調のバーテープに変更。なかなかシックな感じで良いですな。
IMGP3146.JPG

一時間弱走って岩淵水門を過ぎました。ちょっと先に進んだところで少しだけ写真撮影。
IMGP3148.JPG

彩湖を通り過ぎて・・・。
IMGP3149.JPG

高木踏切を渡ります、亜美ちゃんもここを通っていたなぁ。
IMGP3151.JPG

上尾市環境センター(大きな煙突が目印)の脇にある小さな公園。ちょっとした木陰になっているので最後の小休止にぴったり。
IMGP3152.JPG

榎本牧場に到着!EXIFを見ると11時24分です。ここまで来るのも随分と楽になりました。初めて来た時はフラットバー、スニーカー、半ズボンとポロシャツだったもの、ほんと装備は大事だわ。
IMGP3154.JPG

イチゴジェラートをシングル・カップで。
IMGP3155.JPG

せっかくなので外のベンチで食べます。ちょうど劇中と同じ席なんですよ。
IMGP3156.JPG

お昼は近くの高半へ。
IMGP3157.JPG

海鮮丼(大)を注文。これで1,000円なんだから凄いですわ。
IMGP3158.JPG

食事の後は軽く流しながら左岸を下ります、お腹一杯なのでスピードはだせません。途中でサドルの高さを2cm上げて、ちょっと走って1cm下げて、また5mm上げてとかやったりして・・・。
IMGP3161.JPG

そんなこんなで、この日は時間に余裕があったので途中で荒サイを抜けてケーキ屋さんへ。新小岩にあるパティスリーアンブルさんです。
IMGP3163.JPG

お目当ての岩シューをゲットして本日のライドは終了、充実しました。
IMGP3166.JPG

ライトマウントを買ったよ。 [自転車]

GIZA PRODUCTS コンピュータ・ライトアダプター ブラック
HB_EX (2).JPG

マウント装着前の状態。
HB_EX (3).JPG
変更後の状態、意外とスッキリしなかった(笑)。サイコンは見やすくなったので良しとするか。
HB_EX (6).JPG


無駄な足掻き? [自転車]

ニコチンゼロ、タールゼロの電子タバコ:FLEVO(フレヴォ)
STOP_Tbacco.JPG

いやいや、今度こそ本気です。みなさんご存知の通り、最近は自転車乗っているんですけど荒サイをちょっと走っただけで「ゼーゼー、ハァーハァー」するのが我ながら情け無く思っていたんですよ。ビンディングを導入したとか、ホイールが重いから代えたいとか・・・機材も大事ですが(また自転車はパーツ一つで全然変わってくるから、ついそっちに気が向いてしまう)、そもそもの自身のエンジンの吸排気系統がニコチンまみれでは何をかいわんや。こんな事ではいかん!と思い秘密兵器を導入です。ブログで宣言してしまえば後戻りは出来ないので意思表明しておきます、頑張りますわ!

久しぶりに彩湖まで行って来ました、丁度良い距離感で3000km走破。 [自転車]

いつもの葛西橋から荒川の右岸を上がって行きます。ふぁー、青空と雲が夏っぽいわ(^_^)b
IMGP3118.JPG

最初の休憩場所である岩淵水門に到着しました、サイクリングロードは走りやすいので20kmなんてすぐですね。・・・まぁ、帰り道はラストの数kmがしんどいですけど(笑)
IMGP3120.JPG

平均速度は27km/h、クロスバイクにしては早いペースですね。少々追い風だったのが効いたのかな。
IMGP3119.JPG

そのまま彩湖まで走って来ました。補給食として小さなアンパンを食べて、冷たいお茶で休憩しました。その後、彩湖を一周してから帰路につくことにします。
IMGP3122.JPG

河口まで数キロのところで総走行距離が3000kmとなりました。出来れば300km/月のペースで年間3600km行きたいが難しいかな。7月末までに600km走れば到達するんだけど・・・。
IMGP3123.JPG

千葉方面へ初めて行ってみたよ。海浜公園@習志野市海浜霊園 [自転車]

将来のロングライドに備えて千葉方面にも足を伸ばして行こうと考え千葉へ抜ける道を走って見ました。目的地の海浜公園にとうちゃこ!
IMGP3095.JPG

公園の北側はこんな感じ。画面の左には写っていませんが浦安市が見えます。
IMGP3098.JPG

おお、なんか遠くでは海の色が違う!
IMGP3097.JPG

堤防では猫さんがお出迎え、すぐに逃げたりしないけど近くには来てくれません。眼鏡かけていると猫マバタキも効かないのかな?
IMGP3103.JPG

すぐ近くには幕張海浜公園があります。ほぼ隣だけど公園が細長いので意外と距離があるみたい。
IMGP3094.JPG

ZOZOマリンスタジアムが見えますね。
IMGP3096.JPG

葛西臨海公園から国道357沿いで進めば片道20km弱のはずが、途中で迷って浦安駅の方へ向かったり、市川の工事区間でどこに進むのかわからなくなったり・・・。軽い気持ちで出かけたのに往復60kmのライドになってしまった。スマホに地磁気センサーが付いてないからなぁ、コンパスでも買うかな。
IMGP3108.JPG

そんな訳で意外と時間がかかった千葉方面への初ライド、実は目的がもう一つありまして、それはル・パティシエ・ヨコヤマの「岩シュー」を買って帰る事。母の日だったので嫁子さんへのお土産です。固いシュー生地がとってもナイスで、カスタードクリームも絶品でした。
IMGP3111.JPG


激安中華サドルとビンディングペダルの感想 [自転車]

激安中華サドルLerway VERTU CCAV-Sの感触を確かめにお試しライドへ行って来ました、目的地は荒サイのキッチンみはらし。途中で尻が崩壊する危険もあるので(笑)往復40kmのゆるポタです。ビンディングペダルに慣れる必要もあるしね。
20170507.JPG

結論から言うと悪くないですね、これ。Amazonのレビューでは硬いと書かれていましたがガチガチというわけではなく体重がかかっても適度にしなるので問題なし。特にお尻が痛くなったりする事もなく快調でした、むしろESCAPE R3にデフォルトで付いていた柔らかサドルの方が中・長距離だと痛みが発生しました。

ビンディング・ペダルについては2回目の試走、普段はフラット側をスニーカーで踏んでいるのでなかなか使い心地を確かめる機会が無かったのです。今回で何となく踏み方と言うかペダリングのやり方が分かって来ました。

色んなところに書いてありますが、グッと力をこめて踏み込む・・・ってのは駄目なんですね。踏み込み+引き足でグイグイやろうとしても全然安定しません。「引き足を使おう」って意識するんじゃ無くて、自然にクランクを「回す」感じで動かすといい感じで加速・巡航して行きます。

ただし、そのまま調子に乗るとすぐに脚が疲れてしまうので、1段軽いギヤでクルクルと回すと楽チンです。ちょっとスピードが上がって来たらシフトアップ、向かい風やゆるい坂ではシフトダウンというように、スピードでは無く「一定の回転数で余り負荷をかけずに回し続ける」のがコツなんですね。何と言うか実際にビンディングを使い始めてやっと実感出来ました。荒サイで見かけるローディ達がクルクル高ケイデンスですっ飛んで行くのを見ていて、あんなに回して疲れないのかな?と疑問に思っていた謎が解けました。

あ、そうそうビンディングの威力を一番感じたのは坂です。土手の上側に迂回する場所があるんですけど、以前は頑張って左右のペダルを踏み込んでいたのが楽々登って行けるようになりました。平地の巡航速度も2、3km/hは速くなった気がします。いやー、やっぱり専用品の威力って凄いですね。もともとがクロスバイクなのでちょっとパーツを交換するだけで違いが実感出来て面白いです。

激安中華メッシュサドルを付けたよ。 [自転車]

サドルを交換しました、TIOGAスパイダーツインテールのパチモンLerway VERTU CCAV-S Blackというメッシュサドル。Amazonで送料込み380円という冗談のようなお値段。以前のサドルに比べれば硬いのが心配ですがどうなることやら、週末はお試しライドしてきますわ。
IMGP3053.JPG

ESCAPE R3:購入した物のリスト(中級編) [自転車]

==========================================================================
初級編で最低限の物品を揃えました。本編は本格的なカスタマイズに突入かな。ホイールとタイヤは上級編にて。2017.05.05
==========================================================================

・バーエンドキャップ/ノーブランド アルミ製 レッド
IMGP3046.JPG

・薄型ウエストポーチ/ATiC ウエストポーチ Mサイズ ・・・ちょっとこれは失敗かな、使いづらいわ。
Atic.JPG

・サイクルグローブ/HANDCREW SS-8-1(Size:M,Yellow)
SS-8-1.JPG

・ビンディングシューズ/SHIMANO SH-CT71L 40.0(25.2cm) ブラック
SH-CT71L (2).JPG

・ビンディングペダル/SHIMANO PD-A530 片面SPD シルバー
PD-A530_SILVER.JPG

・メッシュサドル/Lerway VERTU CCAV-S Black (TIOGAの偽物ですね、激安なのでお試しに購入)
not_TIOGA.JPG

・チェーン/KMC Z99 116リンク ミッシングリンク付 9速用
KMC_Z99_116.JPG

・チューブ/Continental Race28 700×20-25C(仏式42mm)
Continental_Race28 700×20-25C.JPG

・ボトルケージマウント/Zefal GIZMO UNIVERSAL 108-101
DSC_5094.JPG

・バックミラー/CAT EYE バーエンドミラー BM-45
DSC_1900.JPG

・サイクルグローブ/HANDCREW OSCAR SF-32(Size:M,green-black)
HANDCREW.jpg

・サイクルジャージ/Lixada 半袖上下セット 夏用
Lixada_02A.JPG

・チェーンロック/ABUS 1500/60 RED
20170113_Amazon (2).JPG

・ボトル/CYCLE PRO ウォーターボトル 700ml CP-WB1580
20170113_Amazon (3).JPG

・シートクランプ/GIZA GP CL-02A Aluminum Seat Clamp 31.8 RED
DSC_0715.JPG

・携帯ツール/TOPEAK ツール ミニ6L
DSC_9367.JPG

・ツールケース/プレミア ツールケース ボトルケージ対応バッグ
IMGP2908.JPG

・ドロップハンドル/Lixada 420 * 25.4mm アルミ合金製
DSC_9310.JPG

・ブレーキレバー/Gevenalle CXV Vブレーキ対応モデル/フロントW(カラー:grey、ブレーキレバーの色:ブラック)
・シフター/DIA COMPE Wシフトレバー(パワーラチェットNon-Indexタイプ)
DSC_9295.JPG

・軽量サドル/Winkeyes スポーツサドル PU革 レッド
DSC_6530.JPG


ビンディングペダルを付けたよ。 [自転車]

まだ取り付けて無いんですけどね。GWぐらいには試してみたいです。クリッカーは扱い易そうだけど見た目がダサいし、両面SPDは普段使い出来ないので不可とか・・・、色々と悩んで最終的に決めたのはコレ。

SHIMANO PD-A530 SILVER
DSC_5144.JPG

長いので分割・・・


久しぶりにエノボク往復100kmライドしてきたよ。 [自転車]

この日はレーパン&サイクルジャージデビューだったので具合を確かめるため少々遠出して榎本牧場まで行って来ました。気のせいかも知れませんが走りやすい気がしますね、少々汗をかいてもすぐに乾くみたいで乗っている最中はずっとサラサラで気持ち良かったです。行きは調子にのってスイスイだったけど往路は物凄い向かい風で死にそうになりながら帰宅、足が痛い・・・。
20170417.enoboku.jpg
2017.04.17@ArakawaCR.Tokyo

上記の4枚はスマホで撮ってものです。なんだかボンヤリした画像でソフトフォーカス処理したみたいになってしまいました。帰宅してから調べてみるとカメラのレンズが擦り傷だらけ、普段からカバーも付けずにズボンに突っ込んでいたせいですね。画像を見ると一瞬これはこれでありなのか?左下は悪くない気もすると思ったんですけど、やっぱり駄目かも。サイクリング用に超薄型で軽いデジカメなんてないかしら。手頃なのが無かったわ・・・。ぐぬぬ、Optio RS1000で何とかするか~。

なりたちほー [自転車]

_narita.JPG
キックボードで輪行してみたよ。成田空港からさくらの山、さくらの山からさくらの丘、バスでさくらの山まで戻って今度はさくらの山から成田空港まで。全部で11kmぐらい走りました。

DSC_5600.JPG
ひーひー言いながら到着したさくらの山はこんな感じで桜が満開ですわ。

三つ目のボトルケージを取り付けたよ。 [自転車]

夏のダブルボトル体制に向けてツールケースの収納場所を新設することにしました。個人的に「ろんぐらいだぁす!仕様」と呼んでいます、そうダウンチューブの下にボトルケージを取り付けるアレです。

購入したのはZefalのボトルケージマウント。右側のボトルケージはメタルレッドだったのを艶消しブラックで塗りなおしたもの。
zefal.JPG

取り付けるとこんな感じになります。台座部分に高さがあるのでワイヤーと干渉しません。
DSC_5096.JPG

ツールケースを収納したところ。
DSC_5283.JPG

全体像はこんな感じ。黒で統一してあるのでそれほど違和感は無いですな、うんうん悪くないわー。
DSC_5284.JPG


ツールケースを買ったよ。 [自転車]

今までTAMRONのレンズケースにチューブや工具を詰めていたのですが、ボロボロになってしまったので購入。実は数ヶ月前に買っていたんですが載せ忘れてました。さっきツールケースの取り付けについて記事を書こうと思って確認したらどこにも書いてなかったのに気付いた(笑

プレミア ツールケース ボトルケージ対応バッグ
IMGP2908.JPG
ツルツルのプラスチック製は嫌だったので、ハードケース型の物を選びました。固い布みたいなソフトな手触りでとても感触が良いのがお気に入り。ケース自体はジッパーで大きく開く事が出来るので出し入れも簡単、すぐに必要な工具にアクセス出来ます。内部は左右ともメッシュのインナーポケットになっているのでゴチャゴチャしないのもグッドですなぁ。

とても気に入ってますが普段はバックの底で眠っています。役に立って欲しいような欲しくないような・・・。


キックボードを買ったよ。 [自転車]

【JD RAZOR MS-105R クリア】対象年齢 :6才以上www
JD_RAZOR_MS-105R.JPG
Amazonで買った中華製ボトルケージをタイラップで装着、これで暑い日のサイクリング(?)も快適だわさ。

シェイクダウンを兼ねて通勤に使って見ましたよ、約1.6kmの距離を出勤時は15分、帰りは12分で走破。気になる速度は6km/hから8km/hってところですかね、予想通りですが歩くよりは早いですけど小走りしている人には負けちゃう感じ。慣れればもう少し早くなるのかなぁ。

今回買ったのは国内有名メーカーのJD RAZORのシリーズで本体重量は2.8Kg、前輪5inch、後輪4inchで耐荷重90kgのキックボード。前輪ブレーキ付きとか他にも沢山の種類があるのですが、そういうのは意外と重くなってしまうんですな。購入目的は成田空港まで輪行&撮影ポイントまでの移動手段なので、とにかく軽い(そして出来る限り安価な)モノを選んだ結果、一番シンプルなこれに決定。走りやすさで言えばホイール径8inchが欲しいところですが重さが4kg超えてしまうんですよね、やっぱり重いのは駄目だ。JDシリーズ以外で検討したのはWheelaっていうキックバイク。Aバイクみたいな感じでサドルが付いていて折り畳み可能な上に3kg未満(!)見た目も凄いスマートで格好良いんですが国内販売して無いんですよね。まぁお値段も300ドル以上するので輸送費合わせたら4万円近くなってしまうのがねー、残念。

バーエンドミラーを買ったよ。 [自転車]

街中を走行する時に後ろが気になると何度も振り返って確認していますが、ほどほどの速度で走っている時に何度も振り返ると前方不注意になるし、歳のせいか首の回りが悪くなってきた(笑)のでバックミラーを購入しました。なるべく余計なモノは付けたくないのは皆さんと一緒ですが、ライトやベルと同じで安全に寄与するパーツは無いよりも有った方が良いものね。

バックミラー/CAT EYE バーエンドミラー BM-45
DSC_1900.JPG

こんな感じで取り付けます。
交差点進入や車線変更の時、かなり手前から視線を落としてチラっと見て状況を把握しておき、最後にもう一度直視して確認します。
DSC_3322.JPG


Cyclocross Tokyo 2017 [自転車]

スポンサーパレードの直前、男子女子エリートの有力選手が勢揃い。
DSC_2007.JPG

サミエル・ルーネルズ(squid pro team)
DSC_2228.JPG

ルーシー・シェネル(CROSS TEAM by G4)
DSC_2343.JPG
DSC_2268.JPG

エミリー・カチョレック(Squid Bikes)
DSC_2379.JPG

DSC_2388.JPG

男子エリートのスタート!
DSC_2579.JPG

圧倒的な走りを見せた、スティーブ・シェネル(Cross Team by G4)
DSC_2593.JPG

竹之内悠(東洋フレーム)、アブ!アブ!アブ!!
DSC_2723.JPG
DSC_2724.JPG
DSC_2725.JPG

とにかく格好良かったのはこの人、アンソニー・クラーク(Squid Bikes)
DSC_2863.JPG
DSC_3049.JPG
DSC_3054.JPG

二位以下に数十秒差を付けて最終ラップに入るスティーブ・シェネル、このまま見事優勝を勝ち取りました。
DSC_3127.JPG


サイクルウェア(夏用)を買ったよ。 [自転車]

Lixada サイクルジャージ(夏用)上下セット(*写真は上着だけ。レーパンってどう畳んでも綺麗に見えないんだよなぁ。)
Lixada_01.JPG
デーハーなウェアなんて着ないし、ピッチピチのレーパンなんて絶対にはかないわ、無理無理(笑)って言っていたんですけどね。やっぱり専用品を使ったら走りやすいのかな・・・と思って購入してしまいました。良さげだったら夏用(春夏秋)をもう一着と冬用(晩秋から早春)も考えます。なんだかんだ言ってどっぷりはまりつつありますな(笑


冬は自転車に乗れないのでネットでお買い物をするのだ。 [自転車]

と言うわけで買ったのは以下のもの。

1. CYCLE PRO(サイクルプロ) ウォーターボトル 700ml CP-WB1580 ×2
ボトルケージも黒いのを二つ買って取り付け済みなので、今夏からダブルボトル体制ですよ。寒い時はダウンチューブ側にボトルでシートチューブ側にツールケースかな、面倒だからBBの前に三つ目のボトルケージ取り付けを画策中。

2. ABUS(アブス) 1500/60 RED
チェーン形式でコンパクトに纏まるのが欲しかったので定番のABUSに決定、これはジーンズのポケットにも入りそうだわ。買ってから気付いたけど、この鍵は解錠した状態でキーが抜けるんですね。今まで施錠するときは「1.鍵を取り出す、2.キーを挿して解錠、3.鍵を取り付ける、4.キーを抜く」と4つの動作が必要だったんですが、これなら「1.鍵を取り出す、2.鍵を取り付ける」と2つの動作で完了。これは便利ですね、かなり使い勝手が向上しそうです。

昨夜Amazonで注文したら今日の夕方に届きました、こんなに早く届いたのは始めてだわ(驚。
20170113_Amazon (1).JPG

こちらは今まで使っていたワイヤーロックWL-AD.B、とりあえずは予備部品ボックス行きですが・・・使わないんだろうなぁ。
20170113_Amazon (4).JPG

ESCAPE R3 ドロハン化 [自転車]

ESCAPE R3を購入してから数ヶ月、ESCAPE R3:カスタマイズ(検討編)を経て、先日念願のドロハン化を完了しました(^_^)b
DSC_9297.JPG
ベースはGIANT ESCAPE R3 2016 Blacktone 430(XS)。

DSC_9310.JPG
ドロハンはLixada製で標準ステムに付けられる25.4mm径、幅は安定性を重視して広めの420mm。一番の選択理由は非常に安価だった事ですけどね。安物で満足出来ればそれで良し、不満なら躊躇なく交換できるし。

DSC_9300.JPG
ブレーキレバーはGevenalle CXV V/フロントW仕様、シフターはDIA COMPE Wシフトレバー(パワーラチェットNon-Indexタイプ)。

DSC_9299.JPG
斜め前から見るとこんな感じ。トップチューブの傾きが大きいのでこの角度から見たほうがスマートですな。


初パンクでございます。 [自転車]

始業前に時間があったのでサドル位置を調整していて、何気なく後ろのタイヤに触ったら「ヘニャッ」っとした感触が・・・。あれれ、さっき颯爽と乗って来たはずなのにパンク?

panc (1).JPG
昼休みに調べてみたらしっかり穴が空いていました。休み時間を使って予備のチューブと交換、まだ1500kmしか走ってないのになぁ。

panc (2).JPG
帰宅してから修理キットで穴をふさいで、こちらを予備のチューブとして持ち歩く事にします。・・・そのうちホイール替えて23C化する予定なので新しいチューブは買いたくないのよね。

初めての100kmライド@荒川サイクリングロード [自転車]

自分もそこそこ走れるようになった気がするので先日100km越えのロングライドに行って来ました。ESCAPE R3が納車された週末は岩淵水門までの往復40km、翌日は朝霞水門まで60km、10月には陸上自衛隊広報センターに中央観閲式を見に行って78kmと順調に距離を伸ばしていたので、そろそろやって見ようかなと。12月にしては気温も高くて絶好のサイクリング日和の日曜日、荒川サイクリングロードを北上して目指すは榎本牧場です。

IMGP2852.JPG
朝の7時、少々肌寒い空気の中いつもの葛西橋から出発。

IMGP2854.JPG
目的地まで50km以上あるので足に負担をかけないように軽いギヤでクルクルと回して彩湖に到着。ちょうど2時間走ったので少し休憩。

IMGP2856.JPG
有名な緑のトンネルを抜けていきます、気持ち良い~。

IMGP2859.JPG
最後にちょっと迷いましたが何とか目的地の榎本牧場に到着!のんびり走って2時間58分、走行距離はここまで58km。何とか3時間を切ることが出来ました。帰りは余裕をもって4時間と考えておこう。

IMGP2860.JPG
榎本牧場に来たらフォルトゥーナのジェラートを食べなければ。改装したらしく外観も店内もとても綺麗です。

IMGP2865.JPG
色んな種類がありますが、まずは定番のミルク味をチョイス。ふー、長時間走った後に冷たくて甘いモノはたまらん!

IMGP2871.jpg
11時ちょっと過ぎたので、もう一つの目的地である食事どころ高半へ。榎本牧場から10分もかからずに辿り着けます。

IMGP2870.JPG
このお店は天丼と海鮮丼が人気メニュー、今回は海鮮丼(大)を注文。かなりの量でお腹一杯になって税込み1,000円とリーズナブル。いやー美味しかった、超お勧めです。次回は天丼を頼んで見よう。

IMGP2872.JPG
ジェラートと海鮮丼を堪能したので帰路につくことにします。往路は3時間かかったので休憩を挟みつつスローペースで4時間かけて帰宅。最後に走行距離を確認したら117kmでした。平均時速は16kmと初めての100kmライドはのんびりペースで無理なく終える事が出来ました。

ESCAPE R3:ドロップハンドル化の準備中 [自転車]

【Gevenalle CXV Vブレーキ対応モデル/フロントW(Grey / Black)】
_DSC_7324.JPG
これが今回のドロハン化の肝となるVブレーキ対応のブレーキレバー、こいつに取り付けるDIA COMPEのWレバーシフターも買ったのでもう後戻りは出来ません。これらのパーツだけで2万円超えるという・・・。ドロハンそのものは安物の中華製アルミを注文中、ステム交換する予算が無いので25.4mm径を探しました。

一ヶ月ぶりに羽田空港を再訪 [自転車]

DSC_7192.JPG
2016.11.20@羽田空港

大体の道は覚えていたので前回よりも全然楽だったわ。道がわからんってのは凄いストレスで疲れる原因だって良くわかりました。

江戸川CR:帝釈天に行って来たよ。 [自転車]

先月(10月24日)の事ですが、天気が良かったので始めて江戸川サイクリングロードに行って見ました。

TST_20161024 (1).JPG
葛西臨海公園を抜けて旧江戸川の河口からスタート。すぐに川幅も道幅も狭くなり、コンクリートの壁が延々と続くので息苦しい。

TST_20161024 (3).JPG
江戸川についてからは気持ちよく走って柴又駅に到着。

TST_20161024 (2).JPG
振り返ると寅さんの銅像。

TST_20161024 (4).JPG
こちらが帝釈天に続く参道です、思ったよりも短い。

TST_20161024 (5).JPG
有名な団子屋さんらしい。

TST_20161024 (6).JPG
せっかく来たのでみたらしと草だんごをいただく。作りたての団子は柔らくてとても美味しかった。いやー、自転車で走ってくると甘いものが嬉しいわ。

TST_20161024 (7).JPG
お参りをして・・・。

TST_20161024 (8).JPG
おみくじを引いてみたら「吉」。願い事は叶うわ、失せ物は出るわで良いことばかり書いてあって上機嫌で帰路につきました(笑

サドルを替えたよ [自転車]

DSC_7191.JPG
Winkeyes スポーツサドル(PU革 レッド)

安くて軽い、で適度にクッションも効いてます。元のサドルが幅が広すぎたのでお試しでスポーティなサドルに替えてみました。お安いけど乗り心地が良くて満足してます。

ESCAPE R3:カスタマイズ(検討編) [自転車]

荒川サイクリングロード、みはらし茶屋。サイクリングロードの真横なんで立ち寄るのに便利。
DSC_7065.JPG

さてここからESCAPE R3:カスタマイズの検討編です。ロードバイクとクロスバイクの違いもよく分からないままESCAPE R3を購入して一ヶ月、何度かサイクリングロードを走り50km程度は普通に走り回るようになった頃、フロントのギヤが3段あるのが無駄に思えてきたのでした。フロントのギヤ?そうです、この頃はチェーンリングとかクランクセットという単語さえ知りませんでした。コンポなんて聞いたこともない。あれから数ヶ月、自分なりに調べて今後のカスタム方針が決まったので悩んだ経緯を自分メモとして残しておこうと思います。最初の頃は事実誤認もあるかも知れないけど、そのまま書いていきます。ほどほど長いです。


その1.「フロントをダブルにしたい!」
現在のフロントは28-38-48Tだがインナーは使いどころが無い。何度か落としてみた事があるが足がスッカスカになってしまう。これは峠とか激坂を上る人が使うもんだろう。自分は峠なんて攻めないからインナーはいらないな。じゃ、フロントは2段に換えて見ようか。ESCAPE R3の部品はMTBだから交換するのはMTBのクランクから選ぶんだよな、あれ?MTBのクランクセットってフロントが3段ばっかりだ。それじゃロード用のクランクを使えば良いんじゃないかな、同程度か少し上にするとCLARISかSORAだな良くわからんが。レースに出るなら105グレード以上って聞いた事があるが、絶対にそんなレベルではないから一番下のCLARISか次のSORAで良いだろう。んー、BBって奴がCLARISとSORAだと違うな、どうやらSORA以上のグレードだとホローテックIIとかいうBBになるみたい。後々アップグレードするかも知れないしBBとかチェーンは高級品も値段は大して変わらないので上級グレードを使う人もいるって?よしBBはホローテックIIだな、つまりクランクセットはSORAの2×9に決定だ。となるとチェーンも9s用になるだろ、そうするとスプロケットも9s対応にしないと駄目か、つまりクランクセット、FD、チェーン、RD、スプロケット、シフターも変える必要があるな。うーん、買って数ヶ月でほとんど入れ替える事になるな。とても一度に出来る気がしない、とりあえず止めておくか


その2.「ドロップハンドルにして見ようかな」
最初からロードバイクを買わなかった理由に「ドロップハンドルって凄い前傾姿勢で操作が難しそうだよね。あんなの無理だよ」ってのがあったんだよね。それにロード乗るのは滅茶苦茶速いプロみたいな連中だろ?ハンドルは真っ直ぐな奴が乗りやすい!って事でフラットバーハンドルのESCAPE R3を買ったのでした。まー、フラットバーロードなんてモノがある事はもちろん知らなかったんですがね(笑。で、納車してしばらく乗っていると空気抵抗が気になるんだわ、大してスピード出てない癖にね。のんびり走っていても向かい風だともう辛くてたまらん。風を避けようとして、見よう見真似で背中を曲げてみるが腰が痛くなる。何とか自然に前傾姿勢で走る方法は無いかな。ハンドルが近すぎるんだな、んじゃードロップハンドルにして見るか。ドロハンだとやっぱりSTIになるよな、SORAだとコンポを総取替えになって大変だからな、3×8のままでCLARISで考えよう。必要なのはドロップハンドルとCLARISのSTIと交換するケーブルぐらいだろう、良くわからんが同じ8sなのでFDもRDもそのままで行けるだろうし。しかし問題発生、STIではクロスのVブレーキは引けない。STIはキャリパーブレーキかカンチブレーキにしか対応していないみたい。調べて見るとミニVブレーキに変えると新STIなら何とかなるとか、トラベルエージェントを使うとか方策はあるみたいだが、そこまでしてドロップハンドルにするのもなぁ・・・。ドロハン化は諦めよう。代わりにサドルをちょっとスリムな奴に変更しようっと(ちょっと脇道にそれる)


その3.「ブルホーン化なら何とかなりそうだ」
ドロハン化=STI化と言うことでブレーキ、シフターがネックになって諦めたんだけど、ちょうどそのころESCAPE AIRを105で10速化(今は11速なのね)して、その後ブルホーン化したというサイトを見つけたわけ。これがすごく詳細に解説してあって参考になる、でもって「よっしゃ、ドロハンは無理でもブルホーンならいけるじゃん!」と思ったわけ。ブルホーン化には大雑把に分けて「エアロ・ブレーキ+サムシフター(手元でWレバー化も含む)」と「バーエンドコントローラー+ブレーキレバー」の2種類の方法があってブルホーンハンドルの先っちょに付けるのが、ブレーキレバーなのかシフターなのかって違い。自分はエアロ・ブレーキ+サムシフター方式が気に入ったね、バーコンが先端に飛び出ているのは何か駄目、あそこはブレーキレバーでしょ。ついでに言うと手元でWレバー化する方式は変速時にブレーキから手を放す必要があるので却下。まぁ見た目はレトロな感じがして格好良いんだけどね。そうそうブルホーンでもVブレーキの問題はあるが、ミニVブレーキに換装してアジャスター使う事で解決するみたいだ。一番気に入ったのはドロハン化=STIだと8s=CLARIS、9s=SORAって感じで買い替えが必要になるけど、フリクション形式のシフターを使う事によって現状のコンポのままブルホーン化し、その後気になったパーツから変更出来ることだな。さてさて楽しみだ・・・。とりあえず気になったパーツを次から次へとAmazonの欲しい物リストに登録しておこう。


その4.「本当にブルホーン化したいのか悩みだす」
Amazonの欲しい物リストにブルホーン化に必要なパーツを登録し、購入資金をどうしようか?なんて考えていた頃、荒川サイクリングロードのみはらし茶屋に行って見ました。置いてあるロードを見ていると、やっぱりドロハンは格好良いなと思う。しかしネットで良く見かける「クロスなのにドロハンに替えてロードにしたつもり?ッぷwww」って意見が気になったりしてね。ジオメトリが違うとかフレームの剛性がとか・・・ね。別にロードにしたいわけでは無くてドロハンにして見たいだけなんだけどなぁ。・・・と悩んでいるとドロップハンドルにカスタマイズした小径車が目に止まって考えが変わる。そうだよクロスだろうが小径車だろうが自分のしたいようにカスタマイズして楽しめば良いんじゃん!ロード買ってからフラットバーにする人だっているんだしね。で、せっかっく情報収集したんだけどブルホーンそのものが魅力的に感じなくなってしまった。「バーエンドバー付けてるのと大差ないじゃないか」ってね。それに良く見ると格好良くないし(何じゃそれ!)、やっぱりブルホーン化は止めよう。逆にブルホーン化検討中に情報を得たサムシフターやバーエンドコントローラーを使えばSTI無しでドロハン化できるんじゃないのかな。


その5.「便利なブレーキを見つけてしまい、ドロハン化を再検討する」
ドロップハンドルのエンドにバーエンドコントローラーを付けて、肩部分に単体のブレーキレバーという構成を考えていたところ、ドロップハンドル用でVブレーキを引ける製品を発見、TEKTRO(テクトロ) RL520。Amazonの製品説明にもしっかりと「Vブレーキ対応ドロップハンドル用ブレーキレバー」と書いてある。レビューを読むと通常のVブレーキからminiVブレーキに替えて使うみたいだが、ESCAPE R3は最初からminiVブレーキなのでそのままでOKだ。おお、これはよいね。これとフリクション(ま、段数が決まれば後々はSIS切替の奴に交換したいが)式のシフターを組み合わせればドロハン化出来そうじゃん、さてシフターはどこに付けようか。ブレーキレバーの形と位置からハンドル部分に付けるのは少々無理があるな、散々手元での変速は嫌だと言ってきたが前言を撤回するぞ、Wレバー式のシフターを台座をつかってコラムに固定して変速操作するようにしよう。昔の自転車はこんな感じ変速していたみたいだし、コラム台座とシフターの組み合わせでどんな製品が適合するのか調べていこうか。


その6.「レトロシフトだと・・・!」
シフターは何にしようかとサムシフターとかフリクションとかで検索していると、なんか変わったブレーキレバーの画像が見つかったんだよね。なんだこれ?ブレーキレバーの先にWレバーのシフターが付いているみたいな。ふむ、レトロシフトっていうのか。おお、なんだこれは!ブレーキレバーの先にシフターが付いているからSTIみたいにブレーキとシフトが一体化して操作出来るじゃないか!凄えぇぇぇえ!!、これだ、これしかない!調べて見るとRetroshift(レトロシフト)からGEVENALLE(ギブネール)にブランド名が変わったようだ。なるほどTEKTROのブレーキレバーを加工してシフターの台座を取り付けているのか、外国の小さな会社で作っているみたいだね。少々値が張る気もするが別途フリクションのシフターを取り付ければ変速段数が変わっても対応出来るので長い目で見ればお得かも知れないな。製品自体は2011年頃からあってシクロクロス界隈では結構有名らしいし、クロスバイクのドロハン化で使っている人も多くて検索すると意外と作例が出てくるので心配は無さそうだ。TKCプロダクションってところで取り扱っているのか、しかし今一つ注文方法がわからんぞ、製品ページ「 Gevenalle CXV Vブレーキ対応モデル/フロントW 」から問い合わせフォームで注文すれば良いのかね、Amazonにあればクリック一発で楽チンなんだがな。メールで問い合わせたらさっきのページから注文して下さいと返事が来た。もう一度ページを良く見ると商品説明の下に「Add to cart」ボタンを発見。ここまで来たので勢いででポチってしまう。ふー、注文してしまった。しかし、ここ数ヶ月ほど悩んでいたESCAPE R3のカスタマイズの方向がこれで決定だ、後はゆっくりと部品を調達して行くだけだな。

RETROSHIFT Model tw0 Basic demo.


ESCAPE R3:走行距離が1000kmを超えました。 [自転車]

7月下旬に納車してから3ヶ月、走った距離が1000kmを超えました。荒川CRまで数分、江戸川CRも葛西臨海公園経由で楽々とアクセス出来るので非常に恵まれた環境にいるからかな。こんなに走りやすいところに住んでいたとは、自転車買うまで全然知りませんでした。
DSC_7068.JPG

最初は東京ゲートブリッジに飛行機撮りに行くつもりで買ったんだけど、もはや近すぎて意味が無い距離になってしまった。

陸上自衛隊広報センターまで自転車で行って見た。 [自転車]

2016.10.23:埼玉県朝霞市、陸上自衛隊広報センターにて。
DSC_7062.JPG

意外と近かった、というのが正直な感想です。葛西から荒川サイクリングロードを北上し、岩淵水門、続いて首都高速5号池袋線を越えたらサイクリングロードを離れて左側に出ます。ここからは街中ですが首都外環自動車道と並走する国道298をそのまま南下するだけなので道に迷う事はありません。南下を続けて国道254にぶつかったら右の朝霞方向へ走ると数分で陸上自衛隊広報センターに到着です。ここは以前に電車で訪れた事があり、まさか自転車で再訪する事となるとは思いもよりませんでした。この後、中央観閲式に飛んでくる航空機を撮ろうとグルグルと歩き回ったのですが良い場所が見つからず、最後はここに戻って来ました。

往復78km、走行時間4時間30分、平均速度17.3km/h・・・意外と遅いね。


ESCAPE R3:ドロハンそれともブルホーン? [自転車]

DSC_6063.JPG
エンドバーをフラットバーの内側に配置してバーテープを巻く、クロスバイクでは定番のカスタム。この形態は走行中に軽く手を置いて休めるので非常に気に入ってます。

さてフラットバーはアップライトな姿勢で楽々と乗れるのがメリットですが、ちょっと速度を上げたり向かい風になるととたんに辛くなります。そうですね大体20km/hぐらいまでは何とも無いんですが25km/hを超えたあたりから空気抵抗がががが。かといって無理やり背中を丸めても手が余るばかりでどうしようもない、自然に前傾姿勢をとるにはハンドル形状を変えるしか無いわけですな。で件名のごとく悩んでいる訳です。ここんところ暇があると「ESCAPE R3 ドロハン」とか「クロスバイク ブルホーン化」とか検索して情報収集しています。ドロハン+STIレバーでコンポもロード系に変えるか、ブルホーン+エアロブレーキ、無段階変速シフターで既存のコンポをそのまま使うか。どうせならドロハンってのも魅力なんですが大掛かり過ぎる気もするし。その前にスプロケットもクロスレシオに変えたい、フロントもコンパクトクランクでダブル化したいとか。それ以前に入力と出力の最適化でビンディングペダルの導入とホイール及びタイヤの交換をやるべきじゃないのか、と考えている最中に最終的にコンポはSORAとTiagraのどちらにしよう105まで奢る必要はないかなと思考が飛んだりして・・・何から手を付けたら良いのか悩んでしまいます。お陰で日々妄想が止まりません(^_^;