So-net無料ブログ作成
検索選択

激安中華サドルとビンディングペダルの感想 [自転車]

激安中華サドルLerway VERTU CCAV-Sの感触を確かめにお試しライドへ行って来ました、目的地は荒サイのキッチンみはらし。途中で尻が崩壊する危険もあるので(笑)往復40kmのゆるポタです。ビンディングペダルに慣れる必要もあるしね。
20170507.JPG

結論から言うと悪くないですね、これ。Amazonのレビューでは硬いと書かれていましたがガチガチというわけではなく体重がかかっても適度にしなるので問題なし。特にお尻が痛くなったりする事もなく快調でした、むしろESCAPE R3にデフォルトで付いていた柔らかサドルの方が中・長距離だと痛みが発生しました。

ビンディング・ペダルについては2回目の試走、普段はフラット側をスニーカーで踏んでいるのでなかなか使い心地を確かめる機会が無かったのです。今回で何となく踏み方と言うかペダリングのやり方が分かって来ました。

色んなところに書いてありますが、グッと力をこめて踏み込む・・・ってのは駄目なんですね。踏み込み+引き足でグイグイやろうとしても全然安定しません。「引き足を使おう」って意識するんじゃ無くて、自然にクランクを「回す」感じで動かすといい感じで加速・巡航して行きます。

ただし、そのまま調子に乗るとすぐに脚が疲れてしまうので、1段軽いギヤでクルクルと回すと楽チンです。ちょっとスピードが上がって来たらシフトアップ、向かい風やゆるい坂ではシフトダウンというように、スピードでは無く「一定の回転数で余り負荷をかけずに回し続ける」のがコツなんですね。何と言うか実際にビンディングを使い始めてやっと実感出来ました。荒サイで見かけるローディ達がクルクル高ケイデンスですっ飛んで行くのを見ていて、あんなに回して疲れないのかな?と疑問に思っていた謎が解けました。

あ、そうそうビンディングの威力を一番感じたのは坂です。土手の上側に迂回する場所があるんですけど、以前は頑張って左右のペダルを踏み込んでいたのが楽々登って行けるようになりました。平地の巡航速度も2、3km/hは速くなった気がします。いやー、やっぱり専用品の威力って凄いですね。もともとがクロスバイクなのでちょっとパーツを交換するだけで違いが実感出来て面白いです。